ブライダルネットでメッセージ交換をするときのコツ

真剣勝負!連絡先交換につながるメッセージの送り方

メッセージ交換


ブライダルネットで申込みが成立すると「メッセージ交換」に移ります。


「メッセージ交換」に移るとブライダルネットのアプリ上で、お互いにメッセージのやり取りができるようになります。


LINEのトーク画面のようにやり取りできるので、ここでグッと距離が縮まることも多いんですよ。


メッセージ


ブライダルネットの使い方とカップル成立までの流れ



しかし、ここで「メッセージ交換が全然続かない!」と悩む人も多いです。


せっかくマッチングしたのに、一往復もせず終了しちゃうとガックリきます。(>_<)


  • 「メッセージを送っても無視される」
  • 「返信が全然返ってこない」
  • 「どんな文章を書けばいいのか分からない」

こういう場合はたいていメッセージの内容送る頻度に問題があることが多いです。


ファーストメッセージの内容から連絡先交換するタイミングまで、メッセージ交換のコツを一緒に見ていきましょう。


ナオトと由美が教えます

マッチング後の最初のメッセージにはこう書く

ブライダルネットのメッセージ交換で最初に送るメッセージは重要です。


というのも、ファーストメッセージの内容でこれからやり取りが続くかが決まるんですね。




特に女性はたくさんの男性から「申込み」をもらっているので、一度に複数の男性とやり取りしています。


最初のメッセージで変なメッセージを送ってしまうと、「この人ないわ〜」とあっさり切られちゃいますよ!


男性は特に、最初に送るメッセージには細心の注意を払いましょう。


ポイントはこの4つです。


  • ちゃんとあいさつする
  • 敬語で話す
  • プロフィールのどこに興味を持ったか書く
  • 質問を1個入れる

まずはちゃんとあいさつして敬語で話すこと。これはもう社会人として基本ですよね。


でも、意外とこれができていない人が多いんですよ。


いきなりタメ口やくだけた口調で話すと、「失礼な人」と思われて終わりです。


良い例 「はじめして、○○と申します。返事をいただき、ありがとうございます!」


そして一番大事なのは、相手のプロフィールのどこに興味を持ったかを書くことです。


女性はたくさんの「申込み」をもらうので、適当に申込みしてきた男性とはやり取りしたくありません。


男性が適当にいいねしてきた人かどうか、最初のメッセージで見極めているんです。


適当に申込みした人と思われないためには、相手のプロフィールのどこに興味を持ったかをしっかり書きましょう。


良い例 「○○さんもディズニーが好きなんですね!僕も好きなので、話が合いそうだなぁと思いました」


最初のメッセージはそんなに長くなくても大丈夫です。


むしろ、1通目から長文を送ると相手も返すのが面倒になるので注意が必要です。


短いメッセージで質問を1個だけ入れて送ると、相手も返信しやすくなります。


「これからよろしくお願いします」「返事お待ちしてます」と丁寧に締めくくれば、さらに好感が増します。


良い例 「僕は『美女と野獣』が好きなんですが、○○さんはどのディズニー映画が好きですか? では、これからよろしくお願いします。^^」


なお、申込みをしてきたのにいつまで経ってもメッセージを送ってこない人も中にはいます。


基本は申込みをした方から送るものですが、中には待ってるだけの人もいるので、気になるのであればこちらから送ってみてもいいでしょう。


メッセージ交換の頻度はどれぐらい?

メッセージ交換の頻度は多すぎても少なすぎてもダメです。


ベストな頻度は人によって異なりますが、だいたい1日1〜2往復ぐらいの人が多いです。


【ブライダルネット上でのメッセージのやり取り頻度】


1日1往復・・・45.5%
1日2〜3往復・・・23.3%


メッセージ頻度、みんなの希望は?【ブライダルネット公式】


ほったらかさずに、メッセージが来たらなるべく早く返信しましょう。24時間以内に返信するのがベストです。




逆に1日に何通も送ってしまうと、これはこれで相手に負担をかけます。


最近はメッセージが届くとスマホ通知する設定にしている人が多いので、夜中に何通もメッセージが届くとうんざりしてしまうんです。


メッセージを送る時間は午前0時まで。回数は1日1〜2回にしておくのがいいと思います。


メッセージの文章量はどれぐらいがいいか

1通のメッセージはどれぐらいの文章量がいいのでしょうか?


メッセージは長すぎても短すぎてもダメです。


これはよく言われることですが、文章量は相手に合わせるのがベストです。




そんなに長文を送る必要はありません。


スマホで打つとなると、返信するのも結構大変だからです。


もし相手が短めの文章で返してきたなら、こちらも短めの文章で返しましょう。




逆に長めのメッセージをくれる相手なら、こちらも長めのメッセージを送りましょう。


送るメッセージの分量が同じだと、無意識のうちに相手は親近感を覚えます。


リズムやペースが似ていると、「この人、なんとなく合うかも」と親しみを持ってくれるんですね。


長いメッセージの人には長いメッセージを返す。

短いメッセージの人には短いメッセージを返す。


常に相手に合わせた分量を送るのがコツですよ。

 

メッセージはどんな内容を送ればいいのか

メッセージ送信


メッセージの内容で注意しておきたいのは、自分の話と質問のバランスです。


自分の話ばかりしてもダメだし、相手に質問ばかりしてもダメ。


ほどよいバランスで自分の話と質問を入れ込むのがベストです。


例えばこんな感じですね。


僕は海外旅行ではイタリアが一番よかったです。向こうで食べたカルボナーラは卵の味がこってりしていて、日本とは全く別物で感動しました! ○○さんはどこの国が一番よかったですか?


自分の話の部分では「日本とは別物で感動しました!」というように感情を交えながら話すと、相手も反応してくれやすくなります。


そして、「○○さんはどこの国が一番よかったですか?」のように相手への質問を必ず入れておきましょう。


質問があると返事を書きやすくなるので、メッセージのやり取りが長続きするようになります。


ただし、あまりたくさん入れすぎると返答だけで返事が終わってしまうので、質問は1つか2つにとどめた方がいいでしょう。




そして大事なのは、返答にきちんとリアクションしてあげることです。


質問しておきながら、返答に対して何もリアクションしないままだと、相手はなんだかほったらかしにされた感覚になるんです。


返答に対しては、このようにきちんと共感の言葉を投げかけてください。


例えば相手が「スペインがよかったです」と送ってきたとすると、こう返しましょう。


スペインがよかったんですね! 本場のパエリアもすごく美味しそうですね。僕も建物とか好きなので、サグラダファミリアにはいつか行ってみたいです。


ここでは「スペインがよかったんですね!」と、いったんオウム返しするのがポイントです。


言ったことを反復されると相手は自分が認められた気分になり、「この人は話が分かるなぁ」とあなたに好意を抱き始めるんです。


さらに「僕も建物とか好きなので・・・」と自分の話を付け加えれば、そこからまた話題が広がっていきます。


自分の話をする→質問する→返答に共感する→自分の話を付け加える

メッセージ交換はこの繰り返しです。これさえできれば、内容はどんなものでも構いません。


要はメッセージのキャッチボールができているかどうかです。


キャッチボールができていれば、メッセージ交換は自然と続いていくと思いますよ。


返事が返ってこないときは

ブライダルネットでメッセージの返事が返ってこなくなるのは日常茶飯事です。


どんなに熱の入ったやり取りをしていても、急にパッタリと返信がなくなるときがあります。


でも、気にしないでください。


「何か気に障ることを書いたかな?」と心配してしまいますが、返信がなくなるのはこんな理由によるものです。


  • 単に忙しいだけ
  • 複数の人とやり取りしていて、あなたは本命ではなかった
  • あなたとはとりあえずメッセージ交換しただけで、タイプではない

あなたがどんなに相手を気に入っていても、相手にとってあなたはまだまだ「知らない他人」なんですね。


他に忙しいことがあると、どうしても優先順位が後回しになります。


だから、メッセージが返ってこないからといって、いちいち落ち込まなくても大丈夫ですよ。(^-^)


気持ちを切り替えて、次の人を探しましょう。




また、パソコンからアクセスしている人は、1日1回しかメッセージをチェックしない人が多いです。


ブライダルネットでは「未読」「既読」が分かるようになっているので、「未読」が長い人は「パソコンからのアクセスかな?」と思って、気長に待ちましょう。


既読


それでもメッセージが返ってこないのなら、送った内容をもう一度見直してください。


先ほど話したように、気持ちのキャッチボールができているかがポイントです。


  • 返答にきちんと共感できているか
  • 自分の話ばかりしていないか
  • ネガティブなコメントばかりしていないか

メッセージが続かないという人は、このポイントを見直してみてくださいね。


連絡先交換のタイミング

ブライダルネットではメッセージ交換が5往復すると連絡先交換ができるようになります。


もっと親密になりたいときは、連絡先交換をしてLINEなどでやり取りしましょう。


連絡先交換は男性から切り出すのがいいですが、女性から切り出しても大丈夫ですよ。


切り出さないまま待っていると、フェードアウトしてしまう場合もあるので注意してください。


メッセージ交換終了


連絡先交換するタイミングは、だいたいメッセージが10往復したぐらい、10日目あたりがいいんじゃないかと思います。


2週間以上になると、タイミングを失ってしてしまう危険がありますからね。




逆に、あまりに早すぎると軽く思われて不信がられてしまいます。


特に女性は見ず知らずの人に連絡先を教えるのには抵抗があります。


連絡先交換は、メッセージ交換で信頼関係を築いてから切り出すのがいいでしょう。




連絡先交換では、メールアドレスかLINEのIDなどを交換できます。


連絡先交換


連絡先が表示されるのは14日間なので、その間にアドレスやIDの登録を済ませてくださいね。


その後はメールかLINEでやり取りしながら、もっと仲よくなっていきましょう。


実際に会うまでもう少しです。頑張りましょう。(^o^)


メッセージのコツをつかんで、うまく連絡先交換までつなげてくださいね。


こっちも使える!ブライダルネット以外におすすめの婚活アプリ

ペアーズ
Pairs(ペアーズ)
会員数1000万人を超える日本最大級のマッチングアプリ。今やネット婚活の代名詞的存在です。ブライダルネットよりも圧倒的に会員が多いので、出会える確率は何倍も上です。

Pairs(ペアーズ)とブライダルネットを比較してみた
ユーブライド
youbride(ユーブライド)
ブライダルネットと同じIBJグループが運営する、無料で始められる婚活アプリ。会員数は190万人とブライダルネットより上で、マイペースに婚活したい人に向いています。

youbrideとブライダルネットを比較してみた
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
価値観診断テストで相性がピッタリの相手を見つけられる、女性に人気の婚活アプリ。リクルートグループで安全性抜群。本気で結婚を目指す30代・40代におすすめです。

ゼクシィ縁結びとブライダルネットを比較してみた

素敵な出会いを見つけよう!




このエントリーをはてなブックマークに追加  

ブライダルネット攻略法をもっと見る

注目されるプロフィールの書き方【例文つき】
ブライダルネットでのプロフィールの書き方を解説。
どんな写真を掲載すれば申し込みが増えるのか
ブライダルネットにどんな写真を掲載すればいいのか、撮り方のコツを解説。
プロフィール検索のコツと無料会員の見抜き方
ブライダルネットでプロフィール検索するコツを教えます。
申込みが来ない・マッチングしない人がすべきこと
ブライダルネットでいいねを成立させるためのヒント。
実際に会うまでに注意しておくこと
ブライダルネットで実際に会うまでに注意すること。